So-net無料ブログ作成

登り口は違っても同じ山 [わたしのこと]

今日、だんなさんの帰宅が遅くなるというので仕事帰りに実家へ寄って
母とあれこれお話をしてきました。

仕事に最近違和感を感じて辞めようと思っていることや、子どもができたら・・など
話をしているうちに、するっと「そういえば、去年の秋頃から教会に行ってて
もう半年くらいになるんだけど・・」と話していました。

以前にもクリスマスのミサに行ったことなど話をしていたので、母としては
「ああ、やっぱり」という感じだったみたいです。
それとなく、カトリックを信仰していることも伝えると
「仏さんとキリストといろいろあっても、こころは一つだと思うよ」と言ってくれました。
「仏さんを信じるということも、キリスト教を信じるということも、登り口が違うけれど
同じ山に登ることだと思うよ。」って。

教会に行って、いろいろな人と話をするとそこから得るところもあると思うから
いいんじゃないか、と教会に行く事にも賛成してくれました。

それから、生まれてくることの意味や死んだ後のことなどちょっと突っ込んだ話も
できました。母は、やはり仏さんを身近にして育ってきているので輪廻があるもの
として話をしていたのですが、あえてそこには突っ込まずにいました。
母には、母の宗教観があってそれは私がどうこう言うものではないと思うので・・・

お互いの信仰するものを尊重して、祈り合っていければいいかなぁと思いました。

「教会に行ってるんだ〜、それで洗礼うけようと思うんだけど」というのはあまりにも
唐突すぎると思うのでまだ時間をかけて、少しずつ少しずつ・・・と思っています。

やっぱり、自分一人で悪い方にばかり考えてびくびくしているよりも
誠意を持って話してみるべきですね〜。
それにしても、するり、と言葉がでてきたのには自分でもびっくりしました。
皆さんのお祈りのおかげかな?
感謝!です(^_^)


nice!(2)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 2

コメント 8

j-tamura-gucci

そう言えば、昔ミル・バウエル神父が書いていました。「わけ登る、ふもとの
道は多けれど、同じ高嶺の月を見るかな」・・・そうでしょうか?・・・と、いって、もう、内容は忘れましたが・・・。また本が見つかりましたらコメントします。(結論だけ、その考えは、正しいようで、違っている、と、書いてありました)
by j-tamura-gucci (2007-04-11 11:19) 

ソラ

>j-tamura-gucciさん
出先からお返事します。
コメントにあった言葉は、初めて知りました。調べたところもともと
仏教の言葉みたいですね。
>正しいようで、違っている、と書いてありました
というご意見をいただきましたが、母の発言がその言葉に基づくもの
なのか不明ですし(母としては「信仰心の現れる形は違っても、真に祈るということはどれも尊い」というような意味合いで発言したので、
むしろ「諸宗教の中に見いだされる真実で尊いものを何も退けません」
という第2バチカン公会議の言葉に近いと思っています)

正直、母の信仰を否定されたようでちょっと悲しかったです。

私としては、母(や、家族)の信仰と私の信仰どちらも尊重しあって
仲良くやっていければ、と思っていたので・・・
by ソラ (2007-04-11 17:39) 

ソラ

追加です。

もちろん、キリストを信じるものとしてキリストを証するということは
大切だと思っていますよ。
でも、それは言葉であれこれ言うよりも愛を持って生活の中で表して
いくことが大事だと思っています。
by ソラ (2007-04-11 17:41) 

j-tamura-gucci

これは、私が言ったのではありません。ミル・バウエル神父に付いて知りたければ岐阜県多治見市の修道院にお墓もあります。昔、求道者を対象に
した「あなたの質問に答えて」と・・言う本をかいてみえました。もう一切
求道者の方にコメントいたしません。
by j-tamura-gucci (2007-04-12 12:01) 

ソラ

>j-tamura-gucciさん
取り急ぎお返事いたします。

なにかお気に障ることがあったとしたら残念です。
最初にコメントいただいた内容が本の引用だということは承知して
おります。

私は、信仰の内容というよりも信仰する「こころ」のありようについて
書いたつもりだったので誤解をされたのならば謝罪いたします。

キリスト教も仏教もユダヤ教もイスラム教も神道も、信仰の内容は違えど
「偉大なるなにものか」に対して信仰する人の「こころ」には違いがないと思っています。

ものごとには絶対というものがないので、いつか私のこの考えが変わる
日がやってくるかもしれませんが、今のところ私はそう考えています。
by ソラ (2007-04-12 14:24) 

あんじぇら

ソラさん、良かったですね^^

私もソラさんのお母様と同じようなことを姉に言われました。
とても嬉しかったです。

お母様はご自分の宗教観の中で、一生件名ソラさんの信仰を理解しようと言ってくださった言葉だろうと思いますし、それは決して間違っていないと思いますよ。

私もそれぞれが自分の目指す場所へ行くために歩いている、という点では同じだと思っています。

けれど確かに仏教とキリスト教には決定的な違いがあると思います。
私はこの一休さんの句はよく知らなかったので、ちょっと調べてみたら
こんなページを見つけました。
http://www.geocities.jp/hiratukafukuincc/q7.htm

j-tamura-gucci さんのコメントにあるミル・バウエル神父さまの正しいようで違っている、というのはこれに近いことかなと思いました。

キリストを信じる限り私たちは同じ父を持つ兄弟姉妹です。
出来る限り理解しあって仲良く出来たらいいですね・・・
by あんじぇら (2007-04-12 14:49) 

sola

>あんじぇらさん
ありがとうございます!!

教えていただいたページ、さっそく見ました〜。
なるほど、と納得です。
確かに、お祈りするときに「低くしてください、小さくしてください」とお祈りしますが、「高みに登らせて下さい」とはお祈り
しませんものね。

なんだか、意地になって見苦しいコメントを残してしまって
反省してます。
イエスさまが「互いに愛し合いなさい」と何度なんども
おっしゃっているのに・・ヾ(_ _。)
by sola (2007-04-12 19:35) 

MBTshoes

[url=http://www.antisneaker.com/][b]MBT[/b][/url]
[url=http://www.antisneaker.com/][b]mbt靴[/b][/url]
[url=http://www.antisneaker.com/][b]MBT シューズ[/b][/url]
[url=http://www.antisneaker.com/][b]MBT シュ[/b][/url]
[url=http://www.antisneaker.com/][b]mbt靴 激安[/b][/url]
[url=http://www.antisneaker.com/][b]mbt 通販[/b][/url]
by MBTshoes (2010-11-02 17:21) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。