So-net無料ブログ作成

年間第18主日 [ごミサ]

今日も雨。
最近日曜日の午前中はいつも雨のような気がします。

今日の第1朗読、ちょっと突き放されたみたいな感じで「がーん」となっちゃいました。
でも、それを受けて第2朗読があるんですよね。きっと。

最近ある人から比べられるようなことを言われてしまって(自分と比べてあなたはいいよね、みたいな)ちょっと気になっていたのですが、「なにがどれだけあるか」よりも「あるものをどのように使うか」の方が重要だなぁと思ってすっきりしました。

子どもの頃から、あまり他人と比べて評価したりされたりということがなかったので
(そのように育ててくれた両親に感謝!!)
自分と他人を比べてマイナス面を探す人と会うとちょっとびっくりしてしまいます。
他人と自分は違ってあたりまえだし、同じ探すならいいところを探せばいいのになぁ〜。

来週の木曜日にプロテスタントの方と合同で行う平和祈祷集会の中で聖歌隊が合唱するということで、ミサの後練習してきました。
グレゴリオ聖歌の「ダ・パーチェム」と「タントゥム・エルゴ」、「サルヴェ・レジナ」
それから「ごらんよ空の鳥」と、賛美歌の「主は教会の基となり」を練習してきました。
来週、うまく歌えるかな〜?


年間第17主日 [ごミサ]

今日は、うちの神父さまと、パリミッション会で先月叙階されて日本に派遣されていらした
「パリミッションで一番若い」アレクサンドル神父さまとの「ダブル神父さま」でのミサでした。

ミサの冒頭で、「この神父さまが北海道に派遣されるように神様に祈りましょう」という挨拶もあったりなんかして。
確か、パリミッション会って北海道では函館を中心に活動されているんですよね。
もしも新しい神父様が北海道に派遣されていらしたら元町の神父さまが助かるのかな〜?なんて
素人考えをしちゃいました。
元町の神父さまはかなりのご高齢(のはず)で、午前中元町で主日ミサをなさったあと100km以上離れた八雲まで行って夕方ミサをなさっていたはず。
ま、こればっかりは神様のみぞ知るという感じですが、なるべくそうなればいいなぁと思いつつお祈りしたいと思います。

昨日の聖書の会で予習(?)したこともあって、今日は「祈る」ということをいつも以上に意識してミサにあずかれた気がします。

聖体拝領のとき聖歌隊の方の列がアレクサンドル神父さまだったのですが、ちょっと戸惑わせてしまったかも・・・。
祝福をいただくときの仕草が日本とフランスでは違うのかな?
いつものように列に並んで自分の番になったら手を合わせて頭を下げたのですが、なぜか「キリストの体」を言われてしまいました。その後、ちゃんと祝福していただけましたけどね。

ミサの後アレクサンドル神父さまから一言ご挨拶があったのですが、その時に通訳する
オール神父さまの姿を見て「あー、やっぱりフランス人だったんだ」と思っちゃいました。
普段あまりにも上手な日本語をお話しになるのでつい忘れちゃうんですよね〜。
ごめんなさい!!m(。_。;))m


どんな道を選ぶかは自由 [みことばを読む会]

前の記事があんまり長くなっちゃったので分けました。

聖書の会の中で、「神様の愛にこたえる道はたくさんあるけれど、誰でも必ずその中から一つ選ばなくちゃいけない」というお話がありました。

神父さまは司祭になるという道を選ばれて、その道を通して一生かけて神様の愛にこたえていく。
人によってはそれがシスターになったりブラザーになったり、結婚して新しい命を与えることだったり、人からはわからない隠れたところで神様につかえていくことだったり。

神様は、たくさんの道をしめしてくれるけれどそれを選ぶのは私達の自由。
でも、その道をいつまでも選ばなければ迷ったり悩んだりしてしまって幸せとはいえない。

そのときに神父さまがおっしゃったのが「私は10年司祭をやっていますが、10年前と今では
違う司祭です(経験が増えたり、深みが増したりという意味だと思います)。結婚した人の愛も、そのときと10年後と違いますよね?結婚した人も一生をかけてやっていくことだと思います」と。

私はまだ結婚して3年経ってないけれど、確かに結婚してすぐのときと今だと(冷めたとかいう意味ではなく)愛情の内容が違って来ているなぁ、と納得しちゃいました。

私にとって神様の愛にこたえる道は、だんなさんとほにゃららさんを大切にして一生かけて
家庭を作って行くことなんだなぁと改めて思いました。
なにしろ、神様の前でばっちり誓いましたからね♪


相談しよう、そうしよう♪ [みことばを読む会]

今日は朝から大雨で、家を出たら裏口の前に大きな水たまり。
道路は水浸しで「ひゃ〜」と思いながら車に乗って大きな道路に出たらまるで川!!
路肩では車高の低い車が一台、エンジンに水が入ってしまったみたいでボンネットから煙を出して止まってしまってました。
近所の大きな郵便局前の道路は冠水のため通行止めになってしまって迂回してなんとか時間どおりに教会へ到着。

そんな天気だったからか?聖書の会の始めには「ノアの箱船」に関する質問をされた方がいらっしゃいました。
「箱船に、不浄な動物も乗せたとあるけれど不浄な動物ってなんですか?」という質問でした。
神父様が「イザヤ書に書いてありますよ」とおっしゃったので、持って来た聖書をぱかっと開くと、なんと!まさにその箇所。
びっくりしながら「イザヤ書の11章でしたよ」と言うと「じゃ、読んでちょうだい」と、
急遽朗読することになっちゃいました。
ミサの朗読は当然したことがないですが、聖書の会でも初めてだし、しかも読み始めたらものすごく長いし・・どきどきでした。
結局、2/3くらい読んだところであまりに長いので省略させてもらっちゃいました(;^_^A

その後、逆に神父様から「神様が人と契約されたのはどうしてか」という質問がありました。
私は、「人は、約束してもらわないとなかなか信じることができないからかな?」と思ったのですが、神父様のいうには「神様自身には人と契約する必要が全くないけれど、約束をすることによって人と愛の関係をつくりたかったから」だそう。あ〜〜、そうかぁ。

それを前提に、明日の朗読箇所を予習しました。
第1朗読で、アブラハムが「ソドムの街に正しい人が50人しかいなかったら・・10人しかいなかったら・・?」と神様と相談しますよね。
それも、神様にとってはアブラハムと相談する必要はなかったけれど、アブラハムを大切にして、彼の意見を尊重したかったからアブラハムと相談したのではないか。

福音朗読では、神様は私達の求めるものをなんでも与えたいと思っているけれど、相談してもらわないと何をほしがっているのかわからないから、どんどん相談することが大切、ということでした。

アブラハムの相談と、私達の相談と。それこそが「祈る」ということなんですよ〜、ということでした。
毎日、いろいろなことを神様に「お祈り」という形で相談して、時にはそれが「聞いてもらえなかった」と思うこともあるかもしれないけれど、神様はちゃんと聞いていてその人にとってすぐには分からなくても最前の形でこたえてくださっている、というお話でした。


年間第16主日 [ごミサ]

今日は霧雨の中のミサでした。

今日のミサのテーマは「神様につかえること」かな??

福音朗読でマルタとマリアの2人が出て来て、対照的な行動をとっていたのですが
自分だったらどうかな〜?と思って聞いていました。
あれもこれも、と思うばかりで空回りするような気が。どっちかというとマルタタイプ??
じっと神様の言葉に耳を傾けるマリアタイプでは・・ないなぁ〜。
何しろミサのお説教も聞きながらいろいろ考え始めちゃって、ブログにするときになって、
必死に思い出すくらいだし・・_| ̄|○

今日のお説教では、「こちらから神様を探し求めるのではなく、神様を受け入れるように待っていることが大切」というお話でした。
ちょうど今日の天気が雨だったので、神様のお恵みは雨のように降ってくるので自分たちが外に出るだけでうけることができるんですよ、と。

その話を聞いたとき、頭に浮かんだのが「青い鳥」と「灯台下暗し」。
たしか、青い鳥のお話って青い鳥を探してずーっと旅をしたけれど結局見つからなくて家に帰って来たらそこに青い鳥がいたっていうお話だったような・・?

ほかに思ったのは、お客様が来るときって家の中を掃除して居心地がいいようにしますよね。
回心の祈りとかゆるしの秘跡(これは洗礼を受けた方だけですけど)もそれと同じで
自分の心の中をきれいに掃除して、神様が居心地いいようにする効果(?)があるのじゃないかな〜、と思ったりしました。

・・今日もやっぱりまとまりがないですね。あちゃ〜“o(><)o”


音による祈り1 [教会のこと]

昨日に引き続き、今日もコンサート。

今日は、湯の川教会で行われた「音による祈り1 松野美樹と石崎理によるトランペットと
パイプオルガンの夕べ」でした。

曲目は、
J.J.ムレ トランペットとオルガンのためのファンファーレ第1組曲
J.S.バッハ 「人の汝の大いなる罪を泣け」BWV622
G.B.ヴィヴィアーニ トランペットとオルガンのためのソナタ第2番
J.S.バッハ 「主よ、人の望みの喜びよ」
J.S.バッハ 「装いせよ、我が魂よ」BWV654
G.P.テレマン トランペットとオーケストラのための協奏ソナタ
でした。

トランペットの松野さんとオルガンの石崎さんは昨日のメサイアにも出演されてご本人曰く
「満身創痍」の状態だったのですが、すばらしい演奏を披露してくださいました♪

ソラは1時間くらい早く行って受付のお手伝い。
仕事がお昼までで終わっただんなさんと、友達2人も聴きに来てくれてお客さんは
お聖堂の8割くらい入っていました。

普段なかなか聴く機会のないナチュラルトランペットも聴けてだんなさんも友達も
「よかった〜」と喜んでくれていました♪

うちの教会って、音楽を通した宣教に力を入れている気がします。
・・・もしかして、それで私も呼ばれたのかな〜?なんて。

今日来られたお客様の中にもそんな人がいるかも?
だとしたら、神様のなさることってすごいですね〜。


メサイアを聴いてきました。 [本・TVなどのこと]

教会の聖歌隊の指導者の方がソプラノソロ、聖歌隊の方が何人か合唱で、さらには同じオーケストラの人が弦楽で出演されるので今日の午後はだんなさんと一緒にヘンデルのメサイアを聴きに行ってきました。

第1部の予言と降誕はちょっと意識がなくなりそうなこともあったのですが(;^_^A
第2部の受難と贖罪では、涙ぐみそうになる部分がありました。
21曲目「たしかに、彼は私達の痛みを負い」と23曲目「私達は皆、羊のように道をはずれ」。
イザヤ書の53章からとられた歌詞なんですね。
旧約聖書ってどこから読んでいいのかわからなくて主日の朗読部分くらいしか読んだことがなかったんですが、メサイアの歌詞になっている部分も読んでみようかな?

演奏ももちろんすばらしくて、演奏が終わってしばらくの間は拍手がなりやまないくらいでした。
函館では昨年から毎年1回メサイアの演奏会を開催していて来年もあるみたい。
来年は無理でも、いつか私も一緒に歌ってみたいなぁ。


年間第15主日 [ごミサ]

今日は学期末だったので、9時半の第2ミサは「こどもとともにささげるミサ」でした。

第1、第2朗読と奉納、共同祈願を子どもたちが行いました。
朗読では読み間違えて「あっ」っと言って読み直す場面もあってちょっと微笑ましかったです♪

福音朗読は「よきサマリア人」の箇所でしたね。
朗読の後、神父様から紹介があって子どもたちが前日に土曜学校で福音部分の紙芝居を見た感想を絵や文章で表現したものがプロジェクタで映し出されました。
子どもたちが、神様からのメッセージをそれぞれの心に受け止めて表現したんだなぁ〜と感じられてとってもよかったです(*^-^)

mixiのカトリックコミュニティでも最近「子どもミサ」のことが話題になっていましたが、
うちの教会の場合はそこで取り上げられたスタイルとはやっぱりちょっと違うのかな〜?と思ってあずかってきました。お祈りの文章やミサの中の歌は普段と同じで、子どもたちができる部分を積極的に任せて行くという感じ。
私は子どもたちを尊重しているという感じがして、とってもいいなぁと思いました。


ちょっとした(?)お知らせ [わたしのこと]

別に、お知らせしなくてもいいといえばいいのですが・・・

しばらく前に「体調が低空飛行」http://blog.so-net.ne.jp/celestial-luka/2007-06-10
とブログに書いたのですが、じつは「軽いつわり」だったんです。

今、おなかに初めての赤ちゃんがいまして2月に出てくる(笑)予定です。
今月の頭に母子手帳をもらって来て、名実共に(?)妊婦さんになったので。

来年のご復活に洗礼が受けられたらいいなぁ、と思っていたのですが体調を考えるともう少し先になりそうな感じになってきました。
きっと、神様がいいタイミングで背中を押してくださるはずなので焦らずのんびり待っていようと思います♪


年間第12主日 [ごミサ]

今日のごミサのテーマはずばり「平和」でしたね。

聖書の会で、毎回主日のミサで朗読される箇所にはテーマがあると聞いてから
「今日のテーマは何かな?」と考えながらごミサにあずかるようになりました。

今日も、第2朗読のところで「あ、今日のテーマはきっと『平和』だな」と思っていたらあたりでした〜。(「あたり」って言っちゃうのもどうかな、と思いますが・・・(^▽^;))
先週、「神様からいただいたお恵みを、ほかの人にわける」というお話を聞いたのですが
今週はそれが発展した(?)感じだったような。

教会に行くようになりだした頃はちょっと恥ずかしかった「平和の挨拶」も、今日はいつもより
ばっちりできたような。神様が私たちのためにくださったものを、しっかりと伝えないと。

今日は、ごミサの途中で突然耳が変になってしまって困りました。
飛行機に乗ったときたまになるような感じで、自分の声が妙に響くので
しゃべるときにものすごい違和感でした。

幸い、家に帰ってドーナツ(笑)を食べたら治ったのでよかったんですが・・・


メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。